複数の方法を併用して保存する

失ったときに備えてバックアップ

デジタルカメラやスマホで人物や風景などを撮影すると、その画像はデジタルデータとして保存されます。保存先は設定によって異なりますが、内部の保存領域か外部のメモリーカードなどが多いでしょう。もしも、それらに保存された写真をデジタルデータのまま残そうと考えるなら、バックアップをきちんと取っておきましょう。端末やカードの容量がたくさんあるので、そのまま保存しておいても大丈夫だと考えるかもしれません。しかし、それらが破損してしまうと、デジタルデータがなくなってしまうので、大切な写真のときはほかの場所にコピーしておくことを強くおすすめします。データ復旧サービスを利用すれば取り戻せるかもしれませんが、とても高いので、複数の方法を併用してバックアップを取っておきましょう。

いろいろな方法を駆使しよう

現在発売されているスマホやデジタルカメラは、パソコンに繋げられるようになっています。もしも、簡単にバックアップを取りたいなら、パソコンのHDDやSDDに保存することを考えましょう。繋いで端末のデータフォルダから、パソコンに写真をコピーするだけなので誰でも簡単に利用ができます。決まった端末だけではなく、いろいろな端末で写真を見たい場合はクラウドサービスを利用しましょう。インターネット上の記憶スペースに預けることになるため、IDとパスワードさえあればどこからでも写真の観覧が可能です。 なお、デジタルデータをバックアップする場合は、移動ではなくコピーをしなければいけません。間違って移動してしまうともとのデータが消えるため、バックアップとはいえなくなるので気をつけましょう。