プリントして残すメリット・デメリット

紙にプリントするメリット

スマホやデジタルカメラで写真を撮ると、デジタルデータとして内部のメモリやSDカードなどに保存されます。それらが壊れてしまうと、せっかく撮影した思い出の写真が消えてなくなってしまいます。しかし、紙にプリントしておけば、実物としてしっかりと残るので、消えてなくなる可能性がかなり低くなることになります。もちろん、火事や洪水などがあればなくなってしまうケースもありますが、内部メモリやSDカードが壊れる可能性よりもずっと低いでしょう。

また、現在ではパソコンとプリンターを使えば、自宅で簡単に印刷可能なのも大きなメリットだといえます。同じ写真を何枚でも印刷できるので、保存はもちろん、家族や知人などに配ることもできます。

紙にプリントするデメリット

紙にプリントする場合の一番のデメリットは、保存方法をきちんと考えなければいけないことです。印刷したものをそのまま引き出しに入れておくと、湿気のせいでカビが生えてしまうケースもあります。写真立てなどに入れて飾っておくと、太陽光のせいで色褪せが起きてしまうので気をつけなければいけません。そのため、紙にプリントした写真を保存する場合は、湿度が低く日光が当たらない場所に保管する必要があります。写真立てに飾っておきたいなら、UVカットのガラスやプラスチックが使われているものを活用しましょう。工夫をしてもいつの間にか劣化するケースもあるので、1枚だけではなく何枚か印刷しておいて、それぞれを別のところに保管しておくことをおすすめします。